現存する太刀とその歴史

・石切丸(いしきりまる)
銘が「河内有成」となっていますが、三条宗近による太刀です。
石切丸と呼ばれる刀は数本ありますが、そのうちの一つで、酒呑童子を退治した刀だと言われています
重要美術品に指定されてします。
石切剣箭神社に御神刀として奉納されています。

・一期一振(いちごひとふり)
粟田口吉光による太刀です。
吉光の作は短刀ばかりで、太刀はこの一振りしか作らなかったと言われ、こう呼ばれるようになったそうです。
鎬造りで、庵棟、磨上されていながら反りやや高く、鋒は猪首鋒で、佩表に棒樋を掻き流しています。
鍛えは、小板目よく詰み、地沸つく。
現在は、宮内庁の管理となっています。

・鶯丸(うぐいすまる)
友成による太刀です。
鎬造りで庵棟、腰反り高く、踏ん張りあります。
そして、茎にても反っています。
現在は、宮内庁の管理となっています。

・鶴丸国永(つるまるくになが)
山城の五条国永による太刀です。
鎬造りで庵棟、腰元から中心にかけて踏ん張り付き、小鋒です。
中心はうぶで先細くなり栗尻です。
現在は、宮内庁の管理となっています。

・小狐丸
三条宗近によるによる太刀です。
時の帝から守り刀の作刀を命じられたが、満足のいく刀を作るための相槌を打つ弟子がいなかったため困っていたところに、稲荷明神からの使いの狐が来て完成させたと言われる刀です。
そのために、茎に「小狐」の銘を入れたと言われています。
現在は所在が不明となっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です