「刀身の形」

刀身の形はつくられた時代によって大きく異なる。反りや鎬の有無など、刀身の形状は「造り込み」と呼ばれる。古代に多く生産された直刀をはじめ、太刀や短刀によく使われたおもな形状を紹介する。

 ”平造り”(ひらづくり)

鎬が無い刀身のことで、包丁などのように刀身の両面が平たい。

 “切刃造り”(きりはづくり)

平造りに似た形状をしているが、棟に近い部分に鎬がある。刃先までの勾配は急で、直刀によく見られる。

 ”鋒両刃造り”(きっさきもろはづくり)

刀身の半分から鋒にかけてが両刃、柄寄りの部分は片刃になっているものをいう。小烏丸などがこの形で有名。

 ”鎬造り”(しのぎづくり)

鎬が刀身の中央のほぼ中心部分に入り、鋒に向かい通っている。鋒に横手筋が入り、三つ角が出来上がるのが特徴。

 ”両刃造り”(もろはづくり)

短刀によく見られる形状で、左右が刃になっている。鎬は中央に通っており、横手筋や三つ角は存在しない。

 “菖蒲造り”

鎬造りに対して横手がなく、鎬の線が鋒まで通っている。短刀や脇差に多く見られる造り込み。

 ”おそらく造り”(おそらくづくり)

鎬造りで入っていた横手筋が、刀身の中央部分に入っているもの。鋒部分が長い事が特徴的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です