「反りの種類」

時代の変遷とともに直刀から反りのある太刀へと変化した刀剣。反りの角度にも様々な種類がある。時代の流行によって反りの角度や中心となる部分が異なってくる。

 “先反り”(さきぞり)

ものを切る力点となる「物打ち」から鋒にかけて反りがついているものを「先反り」という。鋒側で最も急な反りが入る形状となる。

 ”腰反り”(こしぞり)

反りが棟区(むねまち)に近い、柄の付け根の部分から始まっているものを言う。平安時代や鎌倉時代にかけての太刀に多く見られる形状です。

 “輪反り”(わぞり)

反りの中心となる部分が刀身のほぼ中央にあるもの。刃区から鋒にかけてほぼ均一に反りがあることが特徴的。時代が下るにつれて反りの中心は鋒に向かう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です