日本刀一問一答

問い・・・「るろうに剣心」に登場する「逆刃刀」にモデルはあるのか。

答え・・・「逆刃刀」というのは、主人公・緋村剣心が所有する日本刀。その名のとおり、刃と棟が逆向きに打たれているため、普通に使えば棟打ちの状態となり、殺傷力を持たない。率直にいえば、この逆刃刀にモデルはない。

問い・・・軍刀て何?

答え・・・明治維新以降、日本の軍備が見直された。フランス軍を視察した陸軍が参考にし、採用したのは西洋の「サーベル」でこれをもって軍刀とすると決定された。しかし代々家に伝わる日本刀に少し手を加えた・サーベル風・の刀を使う者が続出した為、自国に似合った独自の軍刀を開発することとなる。日本では第二次世界大戦時まで製造され、常時佩用していたという。

問い・・・峰打ちは安心か。

答え・・・死ぬことはないと思うが、実際は鉄の棒で強く叩かれたと同じ、打撲や骨折、打ちどころによっては死に至ることもある。また、打たれたものが峰打ちと気付かず、「斬られた」と思い込み、ショックで死ぬこともあったらしい。

日本刀一問一答」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です