織田信長のコレクション

戦国時代最も早く天下に近いところに上り詰めたのは、駿河の国守護職、今川義元である。その今川の大軍を桶狭間の戦いで勝利し華々しく世に出たのが織田信長である。次いで斎藤氏の治める美濃を攻略し、天下布武の印判を用いて天下統一の意思を示した。信長は愛刀家としても名高く多くの名刀を所蔵していた。信長に仕える茶坊主の観内というものが無礼を働いて信長の逆鱗に触れ、手打ちにしようとしたところ観内は城内を逃げ回り、最後に台所の御膳を納める棚の下に逃げ込んだ。信長はこれを棚の上から刀で押さえつける用紙して成敗したと言い「これが「へし切り(押し切)と呼ばれるようになり、癇性な信長の性格を知る逸話である。その後黒田筑前守が拝領した。黒田孝高、もしくは黒田如水を言うといわれている。現在へし切長谷部は福岡市博物館に所蔵されている。忠義の小姓森蘭丸に与えた不動行光は信長が本能寺の変にて非業の死を遂げ森蘭丸もつき従い、ために本能寺で焼けてしまったしかしその後焼きなおされ、小笠原家に伝来したといわれている。指表に不動明王と、その従者であるこんがら童子と制多迦童子を浮き彫りにしたことから「不動行光」と命名されたといわれている。信長はこのほかにもう一振り不動の名を冠する「不動國行」を所持していた。 今川義元が所持していた「宗三佐門字字」という太刀がある。この刀は鎌倉時代末期の筑前国の鍛冶、名工「左」の作刀であり、それを摂津国の三好宗三が所持していたため「宗三左文字」と呼ばれていた。甲斐の武田信虎に送られ、信虎の娘・定恵院が嫁入りする時に今川義元に贈られた。信長が本能寺で没した後に秀吉に渡り、その子秀頼から家康に献上された。徳川家の所蔵であったが天明の大火災で焼けてしまった。その後焼きなおされて、信長を祀る建勲神社に奉納された。現在も歴史的重要資料として重要文化罪に指定されている。