目利きになる為の入札鑑定

日本刀を正しく学ぶために書物によって基礎知識を身につけることも大切であるが、何といっても実物を見ることが目利きへの道である。入札制度という独特の勉強方法が刀剣界にある。なかごを布で隠して、刀身の姿、焼刃、地鉄などを見て刀工を当てるという一つのゲームです。この入札鑑定は、大勢の人が集まり、お互いに恥ずかしい思いをしたくないので真剣に刀を見るため、眼力の向上にはことさら役に立ちます。また鑑定のベテランも出席するから良き先輩や刀友を得る場所ともなる。 この入札鑑定についてある方は <ul> <li>いたずらにあてようとのみあせらぬこと

どんな刀に対しても自分の見たとおり必ず素直に入れること。

第一印象を無駄にしないこと。

他人の私語に聞き耳を立てないことなどをその著の中で訓しているので参考にしたい。