海の神に捧げた剣・・・新田義貞

後醍醐天皇が再び挙兵するのに応じた倒幕の立役者とされるのが、新田義貞である。倒幕軍が鎌倉攻めの際、海岸沿いからの攻撃を計画したが、折からの満ち潮により行く手を阻まれた。そこで義貞は、稲村ケ崎の海岸で海の神に剣を捧げた。するとみるみる潮が引き、鎌倉へと続く道が現れたという。これには裏があり、義貞は、潮が引く日時を計算したうえで、剣を奉納して祈りをささげた。あたかも神の意思で鎌倉への道が開けたかのように演出し、軍の士気を鼓舞したという。義貞はこれにより執権北条氏を滅ぼすことができたというが、海の神に奉納された剣の行方は、残念ながら不明である。