日本刀の流派「相州伝」

「相州伝」・・・鎌倉時代中期以降、相模地方(神奈川県)で発生した刀匠集団による伝法。中期の元寇での反省から、山城伝や大和伝を強化した、焼きの強い鍛錬法に取り組み、有名な刀匠・正宗によって完成した流派。姿は輪反り、武士好みの覇気のある様子。地肌は板目肌に地景が目立ち、沸が厚くつく。刃文は湾(のたれ)に互(ぐ)の目、丁子を交えて、刃縁に沸が厚くつき、金筋・砂流(すながし)が現れる。

「美濃伝」・・・鎌倉時代中期以降、美濃地方(岐阜県南部)で発生した刀匠集団による鍛法。室町時代の戦国期に急速に発展した。今の岐阜県の関市で鍛刀されたので「関物」とも呼ばれている。戦国武将の多くが関鍛冶の得意先となり、反映した。数打物の傾向があり名刀が少ないと言われるが、切れ味が良く実用的。姿は実用的な反りの少ないものがみられる。地肌は板目に杢目、流れ柾目(まさめ)を交え、沸が白く輝いて見える。刃文は互の目を主体とし、尖り刃を交えて高低に変化がつく場合が多い。帽子は乱れ込んで丸く返り、地蔵帽子と呼ばれるものがみられる。