安綱の太万

長さ二尺二寸九分反り七分 です。反り高く、気品の高い太刀姿の日本刀です。銘は中心よりに「安綱」と大振りで雅味あふれた二字銘です。鏑目はきり。鍛え小板目に大板目にゆったりとまじる。刃文は直刃のたれごころで小乱れまじり。 本万は極めて健全で、総体の作風がいかにも無技巧な古調あふれた名宝です。 『太平記』によると、この日本刀は大原五郎太夫安綱という鍛冶が一心清浄の誠で鍛え、時の将軍・坂上田村麻呂にこれを奉じたものだという。

古備前正恒の太万

長さ二尺三寸七分反り七分二厘の鏑造りの日本刀です。 刃文はもと小乱れに丁子まじり、物打ち辺は直刃仕立てで 小乱れまじり、小沸、えよくっき、匂い足、葉盛 んに 働く。中心の鎌田は勝手下がり、 磨上げられて、 中心尻に一正恒と銘がみえる。本万は佐竹家伝来で、 佐竹義重の保刀と伝 えられる。総体の作風はきわめて古調で、正恒の中でも時代の上がった一振りである。